引っ越しの時、家庭から多くのゴミが排出されるという事実

引越準備から引っ越しまで

引っ越し決まると、引っ越し業者を決める必要があります。近はインターネットで、一度に複数社見積もりを依頼することができます。大まかな荷物を記入すると、メールで見積もりがくるのと同時に各社から電話がかかってきます。ネット上の見積もりでは、見積金額が大きく違っています。

また、実際に訪問見積もりをしてもらうと、安くなることもあります。日程調整し、訪問見積もりされます。その際、引っ越し先、日時だけでなく、部屋にあるもので持っていくものと処分する物を聞かれます。引っ越し業者を決めると荷造りです。サービスで段ボールやガムテープ、布団袋などをくれる業者もあります。

箱詰めしながら、持っていくものと不用品を細かく分けます。不用品に関しては、捨てるものと、捨てられないため回収依頼する物、リサイクルに出す物に分けなければなりません。箱詰めは、あまり使わないものから始め、普段使っている物は引っ越し1週間前を目安に積めます。その時に、引っ越し後すぐに使う物(毎日使うコップや日用品)などはひとまとめにし、引っ越し後1番に取り出せるようにしておけば困らないでしょう。
 

アート引越センターでの引っ越し

見積もり依頼をすると、見積もりの日時を調整し、訪問見積もりがあります。引っ越し日時、住所、荷物などの確認です。冷蔵庫、洗濯機などは中身を空にする必要がありますが、そのまま置いておいたら業者の方がまとめて運んでくれます。ただし、洗濯機の設置は専門業者への依頼となり、別料金となります。契約すると、数日後、段ボール、ガムテープ、布団袋、食器保護用シートなどが届きます。

また、お願いしておくと、引っ越し1週間前くらいに、食器ケースを借りることができます。靴、クローゼットのなかのハンガー付き衣類については、当日、専用ボックスを持って来てくれるので、事前に梱包する必要はありません。電化製品(電気やクーラーなど)は、カタログ販売しており、引っ越し当日に購入したい旨を伝えると、問合せの上、在庫があれば、引っ越し途中に荷物に積み足して一緒に届けてくれます。引っ越し後、決められた期間内に連絡すると、使用済み段ボールを回収にきてくれます。

 

京都市のごみの分別法はこちら
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000000927.html

 

断捨離の意味について

断捨離の意味を簡単に説明するとモノへの執着を捨てる事と言えます。ちなみにこのモノというのは物理的な物だけではなくて、不要な人間関係とか、無駄な時間なども含みます。それらのムダを全て日常生活の中から仕分して削除していくことで、時間も空間もお金も無駄にせずに有効に活用することが出来るようになります。現代社会において特に日本人は物を多く所有しています。

その事は海外旅行に行ったり、留学をするとよく分かります。極端な例を挙げるとバックパッカーといったリュック1つで世界中を旅をしてりる人が存在しますが、本当に生きていく為に必要な荷物というのはリュック1つに納まる程度のモノなのです。あったら便利だけどとか、他のモノで代えがきくモノなんかは処分して最低限度のモノで生きていくというのはとても潔い生き方と言えますし、自分の所有しているモノが少なければ少ない程実は何にも縛られずに自由であるともいうことが出来るのです。
 

不用品回収は業者に頼むのが一番良いです

不用品回収をしてもらおうと思った時は家電でも安易に家電量販店に依頼しない方が良いです。それはどうしてかというと、不用品回収は不用品回収の専門の業者に依頼した方がお得になるからです。なぜなら、不用品回収で家電量販店に頼むと自動的に家電リサイクル法が適用されて処分費用をかなり取られます。ですが、不用品回収業者をネットで探して自分が住んでいるエリアにちょうど良い業者があれば利用しない手はないです。

特に私がそう思ったのは確かに不用品回収業者(http://xn--1lqzz41dqyqcn0e.biz/%E4%B8%8D%E7%94%A8%E5%93%81%E5%9B%9E%E5%8F%8E/)に家電等の処分を依頼すれば費用の節約になりますが、それ以上に不用品回収業者に依頼すれば物によっては買取もしてもらって思わぬ収入になる事もあるからです。確かに何の価値もない物を買い取ってもらうのは無理ですが、中には価値がある物もあるかもしれないです。ですから、不用品を処分しようと思った時はすぐに家電量販店などに依頼しないで不用品回収を専門にやっている業者を探すのが良いです。